編集の仕事内容

本を読む

編集のお仕事では主に、書籍や雑誌などを手がけます。出版物が出来上がるまでに関するさまざまなことに携わるため、多くのスキルが求められる仕事だといえます。中には、文章のみを考え、それらを校正する編集求人もありますが、その場合は高い文章能力が求められます。また、文章のみを書くライターといっても依頼者やクライアントに直接取材を行なう必要があるので、コミュニケーション能力も備わっていなければいけません。また、求人先の企業によっては編集者といってそれらを統括するお仕事もあります。ライターやイラストレーター、デザイナーが手がけたものを編集者がまとめてチェックした後、手を加えて調整するのです。そのような企業ではスキルが高く、また実務経験も豊富な人が採用されるといえます。編集の求人に応募する際は、どのような仕事内容なのか確認してから志望しましょう。

編集者の求人先を探し、そこの企業で何年か経験を得た後、独立する人も珍しくはありません。編集業界のノウハウを把握した後自ら出版社を立ち上げる人や、またはフリーランスとして個人で依頼を受け持つ人などがいます。企業で働くのが向いていない人、自分の力で仕事を取りたい人、自由に仕事を選びたい人などが独立やフリーランスに適しています。ちなみに、編集者の求人では高いスキルが求められると紹介しましたが、必ず必要な資格などはありません。逆にいえば、やる気やコミュニケーション能力、面接官に認められるほどの魅力さえあれば、未経験者でも編集の求人で働くことができるのです。編集のお仕事では締め切りを守ることがもっとも大切なので、誠実さや人柄、信頼性などを重視する企業もあります。